トリコモナスは性行為による感染がほとんど

性行為中のカップル

かかりやすい性病のひとつでもある、トリコモナスの感染経路は色々ありますが、ほとんどの場合性行為が感染経路となっているといわれています。
そのため、不特定多数の異性と性行為を行っている場合は具体的な感染経路の特定がむずかしくなります。
トリコモナスの主な症状として、性器の腫れ・ただれ・かゆみ・痛みやおりものが増えたり匂いがきつくなってきたりという事が多いです。

また尿道炎を併発する事もあります。
個人で判断するのは大変危険であり、本人が気付かずに他人に感染させてしまう危険性もあります。
症状の発症比率が男性よりも女性のほうが多いので特に女性の方に感染を疑う症状が出た場合は、早めに医師の診断を受け、パートナーも含めて治療する事が大切です。

感染経路のなかで一番多い、性行為ですがコンドームを使用しない性行為の場合は感染確率が特に高くなります。
その特徴として男性から女性や女性から男性、女性同士の感染確率は高いですが、男性同士の性行為の場合は感染確率は低くなるのが特徴です。
トリコモナスは感染した場合は主に膣内に潜伏する事が多いため、油断はできませんが男性同士の性行為の場合は感染する事がほぼなくなるのです。

女性のトリコモナスの感染で注意する点として、妊娠中は膣内の自浄作用が非妊娠中と比べて弱くなっており普段より感染する確率が高くなるので注意が必要です。
万が一パートナーが他の異性と性行為をし、そこから妊娠中の女性に感染した場合は特に注意が必要になります。
妊娠中のトリコモナス感染は早産や流産のリスクや、ごくまれに赤ちゃんが産道感染する事もあるので、万が一感染した場合早期治療が必要です。

以上のようにトリコモナスは性行為での感染リスクが非常に高いので、予防策としてコンドームを着用しての性行為が一番です。
また、感染を拡大するのを防止する意味でも、疑わしい場合は出来るだけ早期に病院へ行き、医師の診断を受け治療する事が必要です。

性行為以外のトリコモナスの感染経路

トリコモナスは感染経路が性行為によるものが一番多いですが、性行為以外でも感染する場合があります。
トリコモナスは、原虫の一種で人間以外の場所でも潜伏する事は可能です。
トリコモナスは特に湿気の多い場所や、水分の多い場所に潜伏する事が多くあります。

性行為外の感染経路として多いのが公衆浴場やスポーツジムなど、不特定多数の人が利用し湿度の多い場所です。
公衆浴場のタイルや浴槽などは特にトリコモナスが潜伏しやすくなります。
また温度も高く環境もトリコモナスにとってよいといえる環境です。

公共のトイレも同じくトリコモナスに感染しやすい場所といえます。
便座やウォッシュレットがその温床になりやすいためです。
感染を防ぐためには、公共のトイレを使用する際は、便座を消毒したり、ウォッシュレットを使用しない事が大切になります。

トリコモナスは大人だけに感染するものではありません。
家庭内で両親のどちらか、またはその両方が感染している場合には子供にも注意が必要です。
公衆浴場と同じく風呂場に潜伏していて感染することや、トイレの便座やウォッシュレットから感染する可能性が考えられます。
またタオルや下着などから感染することもあるので、家族間であっても使いまわしをするのはやめましょう。
他にもトリコモナスの感染を予防するためには、タオルや下着はすぐに洗濯することや、浴室、トイレの掃除をまめにして、清潔に保つ事が重要になります。

トリコモナスの病原体であるトリコモナス原虫は大変生命力が強くまた感染しやすい原虫であることがいえます。
しかし予防をきちんとすれば、性行為以外ではその感染確率も低くなるので、十分に対処すれば問題ないでしょう。