トリコモナスの治療にはフラジールが効果的

おりものが黄緑色に濁ったり、泡状になったり、増加したり異臭が感じられたり、そういった異常を感じたら早めに病院に行きましょう。
トリコモナスという病気かもしれません。
膣トリコモナスという名称もあるように女性に多い病気ですが、男女ともに感染する可能性はあり、性器のただれやかゆみを感じることもあります。
特に男性であれば尿道炎を発症することもあります。

トリコモナスの原因はトリコモナス原虫という病原菌です。
放っておいてもこの菌が活発化するばかり、悪化するばかりで改善に向かうことはありません。
性感染症の一つですが、性行為だけでなく公衆浴場やプールが感染経路となることもあります。

トリコモナスは薬物療法で治療します。原虫を薬で殺菌するのです。
おすすめはフラジールなどの抗菌薬です。フラジールの主成分はメトロニダゾールの薬です。
メトロニダゾールを取り込むことで原虫の体内がニトロソ化合物に変化します。
DNAらせん構造が不安定化することで死滅するのです。
その他にも、嫌気性菌感染症やアメーバ赤痢・細菌性膣症といった細菌感染症に効果を発揮します。

治療期間は10日程度です。その間、1日2回、1回1錠のフラジールを使用するのです。
使用方法を守ることで症状は落ち着いてくるでしょう。
元々、原虫が常在菌を弱らせていることでさまざまな異常が引き起こされているのです。
服用期間が終わった後にもう一度病院を受診し、菌が死滅していることが確認されれば完治となります。

もしもフラジールの使用方法を間違っていたり、体質や症状がすでに重篤になっている場合には10日間では効果が得られないこともあります。
場合によっては吐き気や食欲不振・発疹・胃の不快感といった副作用が出てくることもあります。
末梢神経障害や意識障害・けいれんといった重度の副作用が現れることもあるので、正しく使用するとともに、何かあれば早めに医師に相談することおをおすすめします。

フラジールを通販で購入しよう

性行為によって感染することの多いトリコモナスは、膣やその周辺に症状が起こることもあり病院に行くのを躊躇する方も多いです。
忙しい毎日を送る現代人ですから平日に休みを取って病院に行く時間を取ることもできないという方だっているでしょう。

だからといって放置しておくのは危険です。
症状が悪化する一方ですし、感染を広げることにもつながってしまいます。
どうしても病院に行けないというなら、感染しているのかどうかを調べるための検査キットを取寄せることもできますし、フラジールも通販サイトで購入できます。
すべて自宅にて治療することだって可能なのです。

ただし、フラジールは医薬品です。
ドラッグストアや薬局にも置かれていませんが、Amazonや楽天で購入することもできません。
処方箋がないまま通販で購入となると海外の製品を個人輸入代行業者を通じて手に入れるしかないのです。

中には悪徳業者もいて偽薬も出回っています。くれぐれも信頼できる業者を選ぶように注意してください。
何かあっても日本の法律は守ってくれず、自己責任となります。

業者選びをきちんとして、用法用量を守って使用するのであれば、プライバシーも守られますし病院で処方してもらうよりも安く手に入れることができます。
いつでもどこでも手軽に注文できます。メリットも多い購入方法なのです。

性行為が原因で感染することの多いトリコモナスですから、検査や治療は必ずパートナーと一緒に受けるようにしてください。
たとえまだ症状が出ていなくとも感染している可能性は高いです。
フラジール服用期間が過ぎた後でも、もしかしたらまだトリコモナス原虫は体内に残っているかもしれません。
必ず病院での診察と同じように検査キットを使って原虫がいないかどうか再度検査を行うようにしましょう。